合鍵作成のことならプラスワン和歌山までご連絡ください

万が一のときにも安心!合鍵作成のメリットや方法を教えます!

家の鍵ですが、大抵の方が「合鍵」を作成しているのではないでしょうか。家族がいる場合には人数分用意する必要がありますし、1人暮らしでも万が一、鍵を紛失してしまった場合のことを想定して、予備として用意するという方が多いかと思います。

今回は、その合鍵を作成するメリットとデメリット、作成方法などご説明いたします。

合鍵を作るメリット・デメリット

合鍵を作成するメリットですが、まずは紛失時の予備になるという点です。財布などに比べて鍵は小さく落としても気が付きにくいため、普段持ち歩くアイテムの中でも特に紛失しやすいものです。

万が一なくしてしまった場合は当然自宅に入ることができなくなってしまいますし、大家さんや管理会社に連絡をとって対処してもらうことにまでなりかねません。合鍵を作っておくことで、そうした事態に陥ったとしてもとりあえずは閉め出されることがなくなります。

ただし、合鍵を作成しても保管場所には注意が必要です。自宅内で保管してしまっては万が一時に、結局意味がなくなってしまいますので、鞄の中などにしまっておくと良いでしょう。

その他のメリットとしては、マスターキーの劣化を防ぐことができるという点です。マスターキーと合鍵のどちらかを予備とする場合、合鍵を予備として保管しがちですが、合鍵をメインにしてマスターキーを保管しておくことで、マスターキーを綺麗な状態で残すことができます。

マスターキーを当初の状態のままで残すメリットですが、鍵は普段使用するうちに鍵穴との摩擦などで鍵の表面に傷がついていき、少しずつではありますが歪んでいきます。そのような状態になってしまうと、その鍵から作成した合鍵は元が歪んでいるため更に歪みやズレがあるものになってしまいます。それを防ぐための手段として合鍵を普段使いすることによって、合鍵を追加で作成することになった場合でも綺麗な状態のものから作ることができるというわけなのです。

合鍵を作るデメリット・デメリット

合鍵を作る場合のデメリットですが、鍵の精度がどうしてもマスターキーに比べて劣ってしまうという点がまず挙げられます。合鍵はマスターキーのコピーですので、見た目には全く同じに見えたとしても、鍵としての精度という観点からどうしても劣ります。

「ピンシリンダー型」のように鍵の溝のパターンがシンプルなタイプであれば、精度が多少劣っていたとしてもあまり問題にはなりません。しかし、最近では当たり前になっている防犯性の高い「ディンプルシリンダーキー」などの場合ですと、溝のパターンも数億通りあり、0.05ミリの誤差で使いものにならなくなるというような世界ですので、精度が非常に重要となるのです。

デメリットとして、合鍵があることでセキュリティが低くなる可能性があります。鍵が1つだけであれば、その鍵がなければドアのロックを解除することはできませんのでセキュリティは高いと言えます。しかし、合鍵を作成することによってドアのロックを解除できる方法が2つになるということですので、管理をしっかりしておかなければなりません。

昔は玄関の外の置物などの下に合鍵を隠しておく方法が一般的だった時期がありますが、隠し場所が外部の者にしれてしまった時点で鍵の意味がなくなってしまいますので、大変危険です。合鍵を作った際は保管方法をしっかりと考える必要があります。

 

鍵作成の方法について

合鍵を作成する方法はいくつか存在します。代表的な方法は、お店に依頼して作成してもらうという方法です。やはりプロの手で作ってもらうことで確実に使用できる合鍵を手に入れることができますし、マスターキーを預けるだけでいいので非常に簡単です。

また、自分自身の手で作るということも可能ではあります。手順ですが、マスターキーをライターなどで炙り表面に黒いすすがついたら、セロテープを鍵に貼り付けてすすを転写します。続いて空き缶にそのセロテープを貼り付け、黒い煤の形に缶を切り抜くだけです。

うまくいけばこれだけで簡易的な合鍵ができますが、最悪の場合は鍵が刺さったまま抜けなくなってしまう可能性もあります。そのため、よほどのことがない限り自作はおすすめしません。

鍵作成の相場

お店で合鍵を作成してもらう場合ですが、1本につき「数百円〜数千円」が相場価格となります。昔ながらのウェーハータンブラー型やピンシリンダー型であれば、構造がシンプルですので加工する工程もそこまで複雑でないため、比較的安価で作成が可能です。近年では主流となっているディンプルシリンダーなど防犯性の高い複雑なタイプですと、数ミリの誤差で機能しなくなってしまうほど精密なため加工技術を要求しますので、金額も高くなる傾向があります。

合鍵の作成に要する時間ですが、基本的には「数分〜数十分」もあれば完了してしまうことがほとんどですので、早く合鍵を作りたいという場合などにはとても安心です。ただ、ディンプルキーの場合は即日というのは難しい場合があります。鍵の断面の構造が複雑なタイプですと、メーカーでなければ対応ができないケースがありますので、そうなったときはおおよそ「10日〜14日」ほど掛かる可能性があります。

また、ロッキングバー方式という鍵のタイプですと、メーカー対応になる可能性が高くなりますので、完成までに「2週間以上」要する場合もあります。

まとめ

合鍵を作成することによって、鍵を紛失してしまった場合に閉め出されてしまうことがなくなるということと、マスターキーの劣化を防ぐことができるというメリットがあります。

一方で、合鍵の保管方法をしっかりとしなければセキュリティが低くなる可能性があるというデメリットがあります。

合鍵を作成する方法として、自分自身で作成するか、あるいはお店に依頼して作成してもらうかのいずれかの方法となります。自分自身で作成した場合、クオリティの保証がないため長期的な使用に向いておりません。お店に依頼する方法であれば、現在では街のいたるところに専門店が存在していますので気軽に依頼もできますし、低コスト短時間でプロのクオリティによる合鍵を手に入れることができます。

相場価格としても、数百円〜数千円ほどとなります。鍵のタイプによっては、金額に変動することがありますが、いずれにしても1万円未満で作成ができることがほとんどです。

合鍵の作成をご希望でしたら、鍵の複製だけでなく鍵の作成まで行なっております。ぜひ、当店「プラスワン和歌山」にお気軽にご相談ください。

 

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930